PROTEIN KNOWLEDGE (29件の記事が見つかりました)

ダイエットに効くプロテインは何?

吸収の遅いソイプロテインがおすすめです。

腹持ちが良いので空腹感をおさえることができます。

プロテインを飲むと身長が伸びなくなる?

ただの噂です。逆にプロテインを飲むと身長が伸びるというのも、ただの噂です。

本来成長期にある子供たちは、体を成長させるために沢山のタンパク質を必要としています。

この時期に過剰なトレーニングをしてしまうと、本来は体の成長に使われるはずだったタンパク質が、筋肉の修復へまわってしまいます。 こうした状況から、さまざまな誤解が生まれているようです。

骨の形成にはカルシウムだけでなくタンパク質も必要となるため、タンパク質を多く含んでいるプロテインは上手に取り入れたいですね。

プロテインとお酒を同時に飲むのは良くない?

腎臓・肝臓に負担がかかります。

特にお酒を多く飲まれる方は同時に摂取するのは控えた方が良いでしょう。

プロテインは毎日飲まないと意味がない?

タンパク質は人間の身体を構成する材料ですが、日々の食事で理想的な分量が摂取できていれば毎日プロテインを飲む必要はありません。

反対に食事で十分な量を摂れていないのであれば、プロテインで補ってあげましょう。

理想的なタンパク質量の目安は、体重1kgあたり1.2~1.5gと設定します。

例えば、体重50kgの人なら60〜75gが一日に摂りたいタンパク質の量になります。

プロテインダイエットってどうやるの?

5大栄養素のバランスを考慮しながら、脂質の多い食材やおかずをプロテインに置き換えます。

1食丸ごとプロテインで補う方法は、食事バランスが崩れてしまうのでおすすめしません。

食事と食事の間隔が長くなってしまう場合や、小腹が空いているとき、甘い物が食べたくなった時などにプロテインを飲むのもおすすめです。

それに加え運動も行うと、エネルギー消費をうながしてリバウンド防止につがります。

プロテインを飲んでいれば運動しなくても筋肉がつく?

つきません。

筋肉に負荷をかけてトレーニングを行い、休養をとる事によって筋肉がつきます。

運動せずプロテインを飲むだけでは筋肉はつきませんので、運動も行いましょう。

プロテインとプロテインバーの違いってなんですか? 筋トレ後プロテインとプロテインバーを併用して摂取するのは、どちらか片方を摂取するより効果があがりますか?

プロテインもプロテインバーも同じ「たんぱく質」で、大きな違いは液体か個体かという点です。

たんぱく質の「摂取」だけを考えるのであれば、どちらか好きな方だけ選べばOKです。

もっと細かく、胃の通過速度や体内吸収速度・含有栄養などを考えるのであれば、液状のプロテインを先に飲み、固形のプロテインバーを後で食べる方法がおすすめです。

しっかり食事をとっている人もプロテインを飲んでいいの?

食事の内容にもよりますが、基本的にしっかりと食事をとっている人でもプロテインは飲んで大丈夫です。

ダイエットがしたいなら、1食分をプロテインに置き換えてみる。

反対に体重を増やしたいなら、食事+αでプロテインを飲むと言うように、飲み方を目的によって変えてあげるのがおすすめです。

カゼインプロテインの摂取方法、摂取量は?

カゼインプロテインは就寝の30分~1時間前に20g程度を摂取するのがおすすめです。

他のプロテインと違い吸収がゆっくりなので、成長ホルモンの働きを促し筋トレで傷ついた筋肉の修復や成長を助けてくれます。また、寝ている間はエネルギーを消費し、なおかつ栄養補給もできない点も就寝前をおすすめする理由の1つです。
カゼインは胃の中で固まる性質があるので、満腹感も得られやすく、空腹時などに摂取するのもおすすめです。

タンパク質を一度に吸収できる量には限りがあります。
一回で大量の摂取をすることは内臓への負担にもなりかねるので、1回20g前後を目安としましょう。

プロテインは作り置きしても大丈夫?

飲む直前に作ることをおすすめします。
冷蔵庫で数時間保管する程度であれば大丈夫かもしれませんが、作り置きは鮮度が落ちて成分が変化しやすく、雑菌が繁殖する恐れもあるためです。
作りたてを楽しんでくださいね!

1 2 3

キーワードから探す

新着記事

FOLEをフォロー